●道路計画、設計、基盤整備
●高速道路を活用したスマートインターチェンジの計画・設計

国土や都市形成を行う基盤施設として、重要な役割を果たしている「道路」は、東日本大震災や熊本地震災害より防災意識が高まり、重要性が再認識されてきています。
私たちは、これまでの道路技術に関する経験を活かして、豊かで、安心・安全、快適な未来を実現できる道路基盤整備に取り組んでいきます。

弊社が計画・設計に関わった主な業務を地図に示します。

松本市安曇 沢渡地区整備事業

沢渡地区整備事業に関連し、弊社が携わった設計業務についてご紹介させていただきます。
詳細はこちらをご覧ください。→ 【事例紹介⑥】松本市 沢渡地区整備事業 関連業務

沢渡地区整備事業 当社設計箇所(クリックするとPDFファイルが開きます)

スマートIC業務実績 (令和4年4月現在)
スマートIC名 設置場所 所在地 併用時期
姥捨SIC 長野自動車道 姥捨SA 長野県 千曲市 H18.10~
梓川SIC 長野自動車道 梓川SA 長野県 松本市
長野県 安曇野市
H22.11~
双葉SIC(標識設計) 中央自動車道 双葉SA 山梨県 甲斐市 H26.6~
小黒川SIC 中央自動車道 小黒川PA 長野県 伊那市 H29.9~
筑北SIC 長野自動車道 安曇野-麻績IC間 長野県 東筑摩郡筑北村 R5.3(予定)~
(仮称)諏訪湖SIC 中央自動車道 諏訪湖SA 長野県 諏訪市
長野県 岡谷市
R6.3(予定)~

 

弊社のスマートインターチェンジ整備計画の詳細は、こちらをご覧ください。→ スマートインターチェンジ整備計画