長野県SDGs推進企業に登録されました

 株式会社長野技研は信州に生まれ育った建設コンサルタントとして、その時々の社会ニーズに応えるべく活動しています。持続可能な世界の実現に貢献するため、本制度に応募し「第8期 長野県SDGs推進企業」として登録されました。

長野県SDGs推進企業登録制度」は、長野県が企業等の価値向上と競争力の強化などを図る目的として創設した制度で、SDGsと企業活動との関連について「気付き」を得るとともに、具体的なアクションを進める長野県独自の登録制度です。

 この制度は、経済団体、金融機関、大学等支援機関と連携し、「環境」、「社会」、「経済」の3側面を踏まえ、企業等が経営戦略としてSDGsを活用することを支援していくものです。 

SDGsとは?

 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。前身のMDGsから主役となる対象を民間企業にも拡大し、2015年9月の国連サミットで採択されました。
 民間企業もSDGsにおける主役の一人となることで、当事者としての意識を強く持ち社会に還元していこうとする取組です。設定されたゴールは17あり、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた国際目標です。
 17の目標には、それを達成するための具体的な169のターゲットがあり、貧困や飢餓、働きがいや経済成長、気候変動と様々な分野に至ります。これら21世紀の世界が抱える包括的課題に対し、先進国や途上国、民間企業含め、だれ一人として置いていかれないように一丸となって取組むことが求められています。

地域と共に歩む、持続可能な未来の実現に向けて 

(株)長野技研は、昭和52年(1977年)の創業から今日まで、長野県内の建設コンサルタントのパイオニアとして、社会資本の整備・維持管理、防災・減災に貢献し、地域とともに成長してまいりました。これからも長野県内の総合技術コンサルタントとして、また、地域のホームドクターとして、全社一丸となり、地域と共に持続可能な未来を実現するため、SDGsの目標達成に取り組んでまいります。

目標に向けた主な取組

★赤字:重点的な取組

SDGs#8 働きがいも経済成長も

★重点1:有給休暇取得の推進 ➡ 2030年までに有給休暇取得率10%増
・毎週水曜日をノー残業デーとして設定
資格取得サポートプログラム
外部講師による働き方セミナーの開催
・同一労働同一賃金等の原則に沿った従業員の待遇を確保
・労使双方で話し合い、個別事情に合わせた勤務体系を検討

SDGs#11 住み続けられるまちづくりを

・社会資本整備に関わる計画および設計業務を通し地域の安全、安心を実現
 橋梁 / 道路 / 都市計画 / 河川・上下水道
★重点2:ICT等の新技術を活用し、より高品質な設計業務の提案
➡ 2030年までにi-Construction受注件数5倍

橋梁の維持管理/長寿命化計画の策定
 » 事例1(橋梁点検潜入レポート)
 » 事例2(橋梁点検車 現場レポートその1)
 » 事例3(橋梁点検車 現場レポートその2)
・災害復旧支援
 » 事例1(平成17年 国道158号土砂崩落
 » 事例2(平成26年 南木曽町梨子沢 土石流災害)
 » 事例3(平成26年 神城断層地震)
長野県版インフラデータネットワークの構築

その他の独自の取組

■社員の安全・健康の維持■

労働安全に関する社員教育の実施
健康増進講座の開催
・敷地内禁煙
・人間ドックの受診

■省エネ・環境への配慮■

★重点3:文書の電子化による紙使用枚数の削減 ➡ 2030年までに年間印刷カウント数2割減
・社用車をガソリン車からPHV車へ移行促進中
・太陽光パネル設置による再生可能エネルギーの利用

天然資源の積極的利活用(木製保護柵、木製吊橋の開発)
県産材を利用した木製吊橋の設計(上高地 明神橋など)

■新技術の活用■

重点2:ICT等の新技術を活用し、より高品質な設計業務の提案
 ➡
2030年までにi-Construction受注件数5倍
社内技術発表会の開催

■社会貢献・地域貢献■

・国道危険個所点検
・松本市内危険個所調査
・創立記念日に橋梁の清掃活動を実施

 

詳しくはこちらからどうぞ(PDFファイルが開きます)

※長野県SDGs推進企業登録制度に関する内容や登録企業の取組は、長野県のポータルサイトで情報発信しています。(https://nagano-sdgs.com/)