●河川・砂防の保全、治水・利水計画
●上下水道施設計画、設計

治水だけでなく、自然と生物の保全、安全で快適な水辺空間の創出を目指した河川計画に取り組んでいます。
居住環境の改善や公衆衛生の向上により、快適な生活空間の確保における根幹的な施設である上下水道計画に取り組んでいます。

 木曽郡南木曽町梨子沢 災害復旧設計  

平成26年7月9日、台風8号の影響で長野県木曽郡南木曾町読書地区の梨子沢(木曽川支流)で土石流が発生し、甚大な被害を受けました。
当社では,長野県と南木曾町からの委託を受け,橋梁、砂防堰堤、梨子沢流路工の被災状況の調査,及び復旧計画を行いました。
»詳しくはこちら

 松本市波田 黒川(鋼製砂防スリットダム)

黒川は梓川から取水し、松本市波田を通り、東筑摩郡山形村方面まで流れる、灌漑用の河川です。この砂防ダムは、立体格子状で、開口部が広く自然に近い河道を維持し、魚類・水生生物の行き来を阻害しない構造としました。

 

 塩尻市洗馬 罠沢砂防堰堤の魚道 (アイスハーバー型魚道)

階段式魚道の一形式で、隔壁の中央部を高くして水上に突出させ、非越流部を設けたものです。非越流部の下流側では、流れが穏やかな水面が確保され、魚が休憩できるようになっています。