夏も終わり

 お盆も明けて朝晩過ごしやすい季節になってきました.
程よく山に近い我が家は「こたつ出すか?」と冗談が出るくらいです(笑).

 そんな中8/19に信州スカイパーク体育館で,小学生の今年最後の冠大会となる『長野県ジュニア選手権大会』が開催され,蒸し風呂のような体育館の中で選手は対戦者と,そして自分は熱中症と,正々堂々果敢に闘ってきました.
 この大会は,県大会→北信越予選会→全国小学生大会(いわゆる全小)へ進む大会です.なので,選手とともにコーチ陣も火花バチバチで,体育館内のボルテージも最高潮(誰が戦ってんだって感じです)!!

 結果はというと,各カテゴリーにダブルス2組,シングルス2人出場し,4年以下女子シングルスで3年生の子が見事北信越出場を決めました.ただし,残りの選手はその夢叶わず長野県大会で敗退.でも,あちこち体が痛い中,立派な闘いぶりだったと思います.

 そのうちのひとり,4年生の女の子.春の大会で大躍進をして今回シード入りを果たしましたが,大接戦の末負けてしまい,残念ながら北信越出場ならず.試合後は涙が止まらず,コーチとしても勝たせてやれず,悔しさで一杯でした.
 親御さんに次の日「○○大丈夫そうですか?」と聞いたところ,「試合後家に帰って暗くなるまでずっとサーブ練してました.その後,車庫の車を移動させられ,壁打ちをやっていました」とのこと.その気持の強さに感動すると同時に,この子は絶対強くなると思いました.

 ちなみに北信越を決めた女の子に次の日の練習で聞いたら,「○○ねー,疲れたからすぐ寝ちゃったよ!」です.
何はともあれ,今後のさらなる活躍に期待です.(※写真は翌日の練習風景)

Tera-k